JPフィットネス・ストレングス工房
03-3239-8511
タイトル

著書・著作 一覧

|

【DVD】

7567_thumbnail.jpg

『戦う選手の身体をつくる!
  ストレングス トレーニング
~誰でもどこでも出来る
 ラグビー選手の身体づくり~』(全2巻)

監修:田内敏男 指導・解説:大道泉
実技協力:鬼頭祐介・平井悠斗
ジャパンライム/2015年

≪内容≫ 自体重と軽負荷の器具だけで、「いつでもどこでも」できるトレーニングを紹介。120種におよぶエクササイズを収録し、組み合わせによって無限のプログラムが可能に。
第1巻では、自体重負荷やパートナー負荷のエクササイズを中心に、練習の合間やインターバルに、グラウンド脇でも出来るトレーニングを中心に、ラグビー選手の基となる身体づくりを目指します。
第2巻では、比較的軽い重量での器具を用いてのトレーニングが中心。第1巻でつくった身体をさらにビルドアップさせ、戦えるラグビー選手へと成長させます。

554-1A.jpg

『ブレない・ズレない・倒れない
選手を育てる体幹トレーニング
~強靭・不動の力強い身体をつくる~』
(全2巻)

指導・解説:大道泉
指導協力:田内敏男
実技協力:鬼頭祐介・平井悠斗 他
ジャパンライム/2008年

≪内容≫ 体幹の強さは、スクラムの安定、強烈なヒット、タックルされても簡単には倒れない力強さ、相手を一発で倒す鋭いタックルなど、ラグビーのあらゆるプレーで必要不可欠です。その体幹を鍛えるトレーニングについて、全62種類13プログラムを紹介しています。

【書籍】

8401.JPG

『体力アップトレーニング』
田内敏男 著/日東書院/2004年

≪内容≫ 50歳以降の中高年を主な対象に想定し、運動習慣がないような方でも、場所を選ばずできるように、自体重負荷や軽ダンベルやチューブなどを用いたエクササイズを中心とした構成。全身まんべんなく鍛えられるようなプログラムで、ステップ1・2・3という形で、発展的に徐々に負荷が上がっていくようにプログラムを提示している。

8402.JPG

『勝ちにいく筋力トレーニング』
大道泉 著 ・ 田内敏男 監修
山海堂/2003年

≪内容≫ スポーツ選手の筋力トレーニングについて、自体重負荷から、パートナー負荷、チューブ負荷、ダンベルやバーベルなどのフリーウェイトなど。様々なトレーニング方法について、従来の方法に加え、少し違った観点からの方法も織り交ぜて解説。「フォームの修得」「プログラムの作成」「重量の設定」などについて、長年の現場指導で培った実践的なノウハウを公開している。

8403.JPG

『強くなる筋力トレーニング』
田内敏男 著/日本文芸社/2000年

≪内容≫ 「器具のない状況からでも、とにかく始めてみよう!」というキャッチフレーズで、初心者を対象として想定した、筋力トレーニングの入門書・解説書。指導経験に基づいて、種目を厳選している。

strength book.jpg

『ストレングスブックⅠ』
田内敏男 著・窪田登 監修
ブックハウスHD/1988年

≪内容≫ スポーツ選手が「いかにウェイト・トレーニングを始めていけばよいか」を解説した入門書。スポーツ選手が修得すべき基本的なエクササイズのフォーム、及びリフティングの基本技術、トレーニングの進め方(挙上重量をアップさせる方法、発展的なプログラムの展開など)について解説。ビッグスリー重点方式とも呼ぶべき方法で、ウェイト・トレーニングに初めて取り組む選手や指導者に向けたマニュアル的な一冊。
※本書は、すでに絶版になっています。

【分担執筆書籍】

undouseiri.jpg

『運動生理学20講』第3版
勝田茂
・征矢英昭 編
朝倉書店/2015年
*第2章4項(12頁~14頁)

  担当:大道 泉

≪内容≫ 第2章「筋力と筋パワー」において、筋力トレーニングに伴う筋力増加の機序について解説。

sports gaishou.jpg

『スポーツ外傷学Ⅰ
 スポーツ外傷学総論』

黒澤尚・星川吉光・高尾良英
坂西英夫・川野哲英 編

医歯薬出版/2001年
*第23章(278頁~285頁)

  担当:田内 敏男

≪内容≫ 第23章「筋力トレーニング」において、筋力トレーニングの基礎知識について解説。